のぼりの印刷方法を考える

条例の規定でのぼりの設置に制限がある場合がありますので注意しましょう。

面積・形状・寸法・材質・構造・設置方法などについて記載された図面の提出が必要な場合があるからです。

それを踏まえ、一般的なのぼりの印刷方法についてご紹介します。

自治体のルールを確認したら、いよいよ業者に依頼をします。

★代表的な印刷方法

1番目は「スクリーン捺染」です。

従来からある印刷方法で大量生産向きです。

コストも安く抑えられます。

2番目は「ダイレクト捺染」です。

こちらは生地に直接印刷した後、高温にさらして仕上げます。

写真・画像・グラデーション入りののぼりを得意としています。

3番目は「昇華転写捺染」です。

インクジェットプリンターで転写紙にまず印刷します。

それに生地に対し転写・昇華させる方法です。

印刷ではなくて、染める方式です。

他の方式と違って高級感がありますが、コストは高くなります。

★どのような流れでのぼりを作成するのか?

電話やインターネットで相談し、納期・数量・用途・仕様で打ち合わせます。

見積もりを出して納得したらオーダーします。

デザインデータを作成し、色校正をしたあと印刷して納品になります。

★オリジナルデザインを作る場合の秘訣

あれもこれもと複雑にするのではなくて、「シンプルデザイン」を追究することでしょう。

大きくて見やすい文字にし、イラストや写真も入れましょう。

店名なども目立つようにしましょう。

パッと見て情報がわかりやすいようにしてください。




Comments are Closed