新しくのぼりを制作する場合に

サイズ・生地・形状・色・蛍光性・防炎処理などのぼりの種類はいろいろです。

多分、何百種類もあります。

のぼりを作るなら知っておいた方が良い基礎知識についてお伝えします。

★のぼりの種類・サイズ・素材

のぼりのサイズは小さいものでは、テーブルの上に立てるような超小型サイズもあります。

でも、屋外に設置する場合は、もっと大きいのぼりもあります。

中には4メートル以上ものジャンボサイズもあるのです。

一般的なのぼりは600ミリ×1800ミリサイズです。

素材は木綿やポリエステルがメインです。

★オリジナルデザインが目立ちます!

昔は手書きののぼりが普通でした。

簡単なデザインしか作れませんでした。

今は印刷機が進化しています。

オリジナリティー豊かなデザインを精密に作れるようになっています。

ロゴやキャラクターを入れることもできます。

周囲と差別化するステキなデザインを考えましょう。

★変形ののぼりもあります。

例えば、スウィングバナーです。

まるで包丁のような形で角のひとつが丸くなっています。

スタイリッシュでスマートなデザインでスピード感があります。

スポーツイベントでも頻繁に使われています。

★のぼりを注文するロットとは?

100枚程度が一般的なロットです。

ですが、大企業じゃないとそんな数は注文できません。

小さなロットでも受けてくれる業者もあります。

インターネットで探せば10枚程度から受付してくれたりする業者も見つかります。




Comments are Closed